ウィークリーマンション 蒔田

横浜市南区にある蒔田は、地名としては室町時代から存在しています。戦国時代に建てられた勝国寺や無量寺があり、無量寺については、頼朝の庶子が建てたと言われています。そんな歴史ある町「蒔田」は、現在では鎌倉街道が通っており、市営地下鉄ブルーライン蒔田駅が最寄り駅となっています。現在でも名残のあるどちらかと言えば古い街並みは、風情があって住宅地として向いています。蒔田でウィークリーマンションを探しているなら、短期間でも住むには良い街と言えるでしょう。犯罪件数も目立ちません。窃盗や盗難などの犯罪も少なく、治安の良い街です。ウィークリーマンションを探すにあたって、女性の一人暮らしや子連れの方が問題なく住めます。ただ、夜間の街灯はそれほど多くはありません。夕方以降、道はやや暗いと感じることもあるので、駅から物件までの道のりは、夜間の雰囲気を確認した方が良いでしょう。

蒔田のウィークリーマンションに住みたい!物件の相場は?

蒔田のウィークリーマンションを探すにあたって、物件の相場は気になるところでしょう。蒔田駅から徒歩数分以内では、1ヶ月未満のステイで1Kや1Rが1日2500円くらいからあります。数は少ないですが、駅近でファミリー用の物件もあります。1ヶ月未満のステイで、1LDKが1日7000円くらい、2LDKが8500円くらいの設定となっています。ちなみに、蒔田駅の賃貸物件の家賃相場も気になるところではないでしょうか。ひとり暮らし用の物件の家賃相場は、平均が6万円くらいとなります。周辺の駅と比較すると、阪東橋が6.5万円、上大岡が6.1万円くらいなので、蒔田はやや低めということが分かります。ウィークリーマンションも同様で、阪東橋の1Kが1日4200円くらいから、上大岡の1Kが1日3500円くらいからなので、この辺りでは蒔田が手ごろと言えるのではないでしょうか。

蒔田のウィークリーマンションの特徴とは

蒔田にあるウィークリーマンションはどのような特徴があるのでしょうか?室内の設備については、多くの物件がインターネットに対応していて、エアコンも付いています。バスとトイレが別のところも多く、クローゼットや洗濯機のある物件も少なくありません。間取りの広い物件では独立タイプの洗面所が設置されていて、複数人で生活がしやすいようになっています。セキュリティについてもオートロックの物件が多く、女性のひとり暮らしや子連れでも安心して住むことができます。物件の3割程度が、ペット可となっていることも特徴です。ペットを飼っている方は、ペットを置いて1週間も自宅を空けることはできないでしょう。ペットホテルや動物病院に預けるとなると1泊の料金は蒔田のウィークリーマンションの1日分と変わりません。ただ、ペット可の物件は、清掃費がどこも実費精算となっています。トイレや噛み癖などあらかじめ躾ておいた方が良いでしょう。