ウィークリーマンション 蒔田

短期出張や研修、旅行の際の長期滞在の宿としても使用されるウィークリーマンション。備え付けの家具もあり、敷金、礼金をとらないところも多いのが魅力です。長い方で1年程、ウィークリーマンションに滞在される方もいらっしゃいます。東京近郊のウィークリーマンションでは、蒔田町で借りられる方も多いです。そんな蒔田町の起源は古く、室町時代には書物に蒔田の地名が登場しています。そして、丁番を持たない珍しい土地でもあります。寺院や大きな公園があり、自然も豊かで暮らしやすいベッドタウンです。また、電車での東京駅へのアクセスも、乗り換えが1回程で約50分ぐらいです。ただし、大型のスーパーが少なく、小規模のスーパーやコンビニを利用する方も多くいらっしゃいます。商店街はあるのですが、最近では賑わいが少ない様です。短期で訪れるより、長期に住まわれる方も多く、子育てに向いた落ちついた町です

ウィークリーマンションの注意点と蒔田町での場合

ウィークリーマンションで注意する点はいくつかあります。まずは金銭面です。1ヶ月の利用料金が、賃貸住宅の1ヶ月の料金より高くなってしまっては意味がありません。その点、蒔田町での平均的な1人暮らし(1K)の賃貸住宅の料金は約6万円程です。それに対し、ウィークリーマンションは1日平均約5400円程ですので、12日を超えるのであれば、賃貸住宅を探した方が良い様です。ちなみに蒔田駅周辺にビジネスホテルは無く、旅館になってしまいますので、値段を安く抑えたい方はウィークリーマンションか賃貸住宅になります。長期滞在するとなると困るのがゴミの問題です。滞在される場所によりますが、毎日ゴミ回収を行ってくれるところもあれば、曜日指定があって回収が何日か1回というところもあるので、確認は十分にしておきましょう。

ウィークリーマンションで困った事と蒔田町での場合

しっかりと確認したつもりでも、いざウィークリーマンションに滞在すると、困った事はおきます。たとえば、騒音問題は実際に泊まってみて分かる事があります。夜中に暴走族がうるさい、近隣住民とのトラブル、急な工事の騒音等があります。その点、蒔田町に実際に暮らした事のある方の話によれば、閑静な町で暮らし易いという意見が多いです。毎日の事で困ると言えば、食事の事も困るという方はいらっしゃいます。料理が得意の方もいらっしゃるでしょうが、外食や惣菜に頼る方もいらっしゃるでしょう。その点では蒔田町は、横浜市という事もあってか、中華料理のお店が駅周辺に多いです。定食屋さんやお蕎麦屋さんもチラホラあるので、外食もそれなりに充実しているといえます。しかし、毎日が外食という訳にもいきませんから、スーパーの惣菜を利用したいところですが、大型のスーパーが少ないので、コンビニ等を利用するケースが多いかも知れません。